白蟻駆除が必要になるタイミングとマイホームを守る基礎知識

安全性を考慮した白蟻駆除でマイホームを守る

5年目からが最も危険!シロアリによる住宅の被害

白蟻被害は、建物の築年数とは関係ありません。そのため、新築だからといって油断していると、大量繁殖してしまうケースもあるので十分な対策が必要です。

白蟻駆除が必要なタイミング

白蟻駆除は、築年数がごく浅い住宅に必要になってくるケースも少なくありません。一般的に、新築から5年が経過したら、白蟻駆除が必要になってくるとも言われています。そのため、目に見えないところにたくさん潜んでいる可能性もあるでしょう。

シロアリが発生する場所を特定する

シロアリが発生しやすい場所は、どんなところが挙げられますか?
白蟻の被害に遭いやすい場所としては、家の中でも暗くてじめじめしているところになります。白蟻は光や乾燥に弱いため、湿気が多く風通しの悪い暗所を好みます。そのため、床下に繁殖している例は特に多いです。しかし、他にも天井裏や風呂場、風通しの悪い玄関、下駄箱などに大量に繁殖しているケースも非常に多くなっています。

マイホームを守るために白蟻駆除の依頼をしよう

セルフチェックでマイホームのリスクを確認

白蟻の繁殖によって、住宅の状態にも深刻な影響が出てしまうことがあります。ですので、日ごろからのセルフチェックがとても大切だと言えます。

床を歩いたとききしむ音がするかどうか
床や畳の上を歩いたとき、これまで気にならなかったふかふかとした感じを得るようになったら、それは白蟻の被害に遭っている合図かもしれません。床下が白蟻に食べられてしまっているので、床材を支えている木材の強度が極端に低下し、柔らかく感じてしまうのです。
住宅の近辺で羽アリを目撃したことがあるかどうか
自宅の周辺や室内で羽アリを見つけたら、白蟻が大量発生している証拠かもしれません。なぜなら、白蟻が巣に入りきらないほど大量に発生すると、羽ありが飛び立って新しい巣を作ろうとするからです。白蟻の羽は、4枚とも長さが同じという特徴があります。
住宅の建て付けは安全な状態であるかどうか
白蟻の被害に遭うと、建物の建てつけそのものが極端に悪くなってしまうことがあります。白蟻に食われたことで、柱が傷んでしまい、これまで気にならなかった建てつけの悪さを感じるようになってしまうことがあるでしょう。
定期的に床下点検をしているかどうか
1年以上床下の点検をしていない場合、そこに白蟻が繁殖しているケースはとても多いです。白蟻の被害は、住民が気付かないうちに進行していることが少なくありません。そのため、年に1回の定期的な点検をするように心がけましょう。

主な白蟻駆除方法

バリア工法
白蟻駆除の主な方法として、バリア工法が挙げられます。薬剤を散布する方法で、建物の基礎部分に穴をあけて直接薬剤を入れるため、即効性が期待できます。また、今後白蟻が入ってこないよう、薬剤でバリアを作ることも可能です。
ベイト工法
白蟻駆除の方法として、ベイト工法も挙げられます。白蟻に効果がある餌を仕込み、それを巣に持ち帰らせて、巣を丸ごと駆除するタイプの方法です。費用はやや高めになりやすいですが、持続性と安全性において高い評価があります。

白蟻駆除は、できるだけ早い対応が必要です。定期的に点検を行なうようにすると共に、気になったら専門業者の無料チェックなども受けるようにすると良いでしょう。  

TOPボタン
マイホームメンテナンス【白蟻駆除は5年目にやるのが正解】